トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理



企業調査

企業の信用調査をその目的から区分しますと、

1. 積極的な意味での新規得意先の開拓や売上増大を目的とした前向きの調査、
2. 消極的な意味での債権保全や回収遅延対策のための後ろ向きの調査、
3. 中間的な定期調査や参考調査、等になるでしょう。

これらの調査の具体的な進め方ですが、それには、直接調査と側面調査の二つがあります。

T大手信用調査会社の調査員の行動規範としての鉄則は"現地現認"です。
調査は、現場に行き相手先と話しをする、このことは資料収集や高度なデータ分析に勝る、としています。
そして一人前の調査員として認められるには、千件の調査が必要とされています。


Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.