トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

 消滅時効の基礎知識

いくら権利があっても、それを行使しないで放置するとその権利は消滅してしまいます。これが消滅時効の制度です。 「権利の上に眠るものを法は保護せず」の言葉がありますが、これは、いくら権利があるからといっても、その上にあぐらをかいて権利を行使しない者には、その権利を保護する必要はないということです。 「時効」には、権利を行使しないという事実状態の継続によって権利が消滅する「消滅時効」と、ある物の占領という事実状態の継続によって権利を取得する「取得時効」がありますが、ここでは消滅時効について説明します。

【消滅時効の分類】

消滅時効には次のような分類があります。いずれも支払期日の翌日から起算されます。
@ 小切手債権…6ヶ月
A 手形裏書人の他の裏書人に対する債権…6ヶ月
B 手形裏書人・為替手形の振出人に対する債権…1年
C 売掛金…2年
D 手形債権(約束手形の振出人・為替手形の引受人に対する債権)…3年
E 商人間の貸付金…5年
F 個人間の貸付金…10年

【売掛金確保の手形も2年】

売主が買主から手形をとることがよくあります。一般に、代金は手形決済とか手形払いとかいわれている場合です。この場合、売主としては次の点に注意しなければなりません。

債権の種類
時効期間
売掛金
2年
請負工事代金
3年
運送賃
1年
ホテル・旅館・料理等の宿泊費・飲食費
1年
約束手形の振出人・為替手形の引受人に対する請求権
3年
約束手形の裏書人、為替手形の振出人及び裏書人に対する請求権
1年
手形裏書人の前の裏書人に対する請求権
6ヶ月
小切手の振出人に対する請求権
6ヶ月
小切手の支払保証人に対する請求権
1年

すなわち、売主が売掛金確保のために買主から手形を取得したのであれば、その時効は手形の3年ではなく、売掛金の2年で消滅することになります。 手形自体の時効は3年ですが、この手形は売掛金の支払確保のために振り出されたものですから、元になる売掛金が2年で消滅すればそれに基づいた手形もまた2年で消滅することになります。

【債務者が援用することによって消滅】

時効は、前述の時効期間が経過することによって当然にその効果が現れるのではなく、当事者がこれを主張=援用することによって効果が生じます。つまり、債務者が「債務者の売掛金は時効により消滅した」と明言することによってはじめて効果が生じることになります。 したがって、2年が経過しても債務者が債権者に対して時効である旨を援用しなければ債権者の売掛金はなお生きているのです。

                   次 へ






Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.