トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

  コミュニケーション能力

 日本で今後間違いなく問題になってくるのは、コミュニケーション能力といわれています。しかし、その能力は低下傾向にあります。日本語の能力だけでなく、人と会話をすることが難しいのではと思われる世代が増えてきています。「コミュニケーション不全症候群」という言葉もあるようです。

普通私たちは、どちらかというと問いよりも答えのほうに注目しがちですが、おもしろい答え、正しい答えができるかどうかは、専門的な知識や経験、言語能力などの差によって違ってきます。その人の全人格的な話となりますが、知識も経験も乏しければ、答えも内容も薄くなるのは仕方がありません。

しかし、質問はたとえ素人でも、質問の仕方によって、おもしろい話を引き出すことができます。頭の中で少し質問を工夫するだけで、現実は変わってきます。自分の現在の実力ではなく、質問を工夫しようとか興味を持つとかをする努力が大切であるということです。

 


Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.