トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

 

■メインバンクとは


 中小企業経営者のYさんが、A銀行をメインバンクと思っていても、A銀行側は、Yさんのところのメインバンクとは思っていないという考え方の違いがあります。

自社にとってのメインバンクとは、

  1. 無担保のプロパー融資(保証協会付きではない)を実行している
  2. 長期のプロパー融資を出している
  3. 自社の内容を把んでおり、よく支援してくれる
  4. 自社の規模に合っている銀行である

等から判断します。
さて、Yさんの場合は表のとおりですが、Yさんにとって本当に役立っているのは、A銀行ではなくC銀行、あるいはB銀行でした。
中小企業経営者の皆さんも自社の表を作成し、検討されることをお勧めします。


Yさんの借入金・内訳

  A銀行 B銀行 C銀行
 融資額 プロパー    @   3,000(万円)  2,000(万円)  1,000(万円)
保証協会   3,000  1,500   500
 担保            A
  (不動産・預金・有価証券)
  3,000  1,000     0
 預金            B
  (定期預金等固定するもの)
  1,000   300    50
 @ ー ( A + B )  ▲1,000   700   950
(注)▲(マイナス)は、銀行にとってはほとんどリスクがない

               次 へ     

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.