トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

 

〜自分のパーソナリティと他人の成功体験を真似る方法〜 続き

■自分のパーソナリティに合った成功ノウハウを実践
 

多くの成功本は、パーソナリティの違いには気づかず、一律に「目標を明確に設定せよ」などと論じています。読者の側にしても、自分がどういうパーソナリティであるかを理解せずに成功本を読んでいます。
他人の成功ノウハウを自分の利益に還元するには、自分のパーソナリティを知り、それに合った成功ノウハウを実践すること、そうした組み替えの努力が重要なのです。成功体験本のようにできないからといって悩む必要はないのです。

   〜使いたい言葉〜
営業に限らず全ての仕事にコミュニケーションは大切です。特に相手の話を聞くとき、どのように受けとめると会話が弾むのでしょうか。
女性経営者Yさんは商談の中で、次のような言葉であいづちを打つと言います。

イ) さすがですネ
ロ) スゴイですネ
ハ) スバラシイですネ
ニ) そうですネ
ホ) 尊敬しますヨ
ヘ) そこまでは気が付きませんでした
ト) それは信じられない(感嘆・女性向けの言葉)

これらは肯定する言葉であり、相手の方は気を良くし、余裕を持って話を進めていくでしょう。
ホの尊敬しますヨはなかなか言えないと思いますが、年長者の方には自分がそのように感じたら思い切って言って下さい。


                 次 へ 
 
  

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.