トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

 

〜 うつ病のメンタルヘルス 〜

◆20人に1人がうつ病
 日本におけるうつ病患者数は約360〜600万人(WHO調査)、国民の20人に1人がうつ病と推計されています。
 うつ病の問題が大きくクローズアップされているひとつの背景は、うつ病の拡がりは感染症のようなもので、職場、ひいては社会全体に大きな影響を及ぼすからです。
 意外かもしれませんが、職場の雰囲気とか、職場に話し合える人がいる、笑顔がある、こういったことがうつ病を防ぐ秘訣なのです。成果主義の導入で、今の日本にこのような環境がなくなってきています。

◆優秀な社員ほど「うつ」に
 実は、長期で休んだりして企業に大きな損害を与える社員の多くは、優秀な社員、言い換えれば生産性高い社員であるケースが多いのです。
 立場や職位が徐々に上がってくれば、内部でも外部に対しても直接の交渉ごとが増えるものです。今は、この交渉のややこしさ、煩雑さが極端に増えています。それは単に職位が上がり責任も増したからだけではありません。コンプライアンスの強化など、企業により厳しいルールが求められていることも影響しています。


◆自由度の違いが影響

 うつが多いのは、このような交渉ごとにかかわる部門の人たちです。自由度が高い会社や仕事のやり方や報酬などで自由度の高い営業職には、うつ病は少ないようです。逆に、同じ営業職でも、顧客と社内の開発・技術部門との橋渡しを行うソリューション営業など、ややこしい交渉ごとが多い場合には、うつが多いようです。
 うつ病による欠勤日数は、非うつ病の人の4倍といった報告もあります。また、不眠症や寝不足による経済的損失は年間約3兆4,690億円(試算)に上ります。
 問題は、日本の会社に人事や採用のスペシャリストが少ないことに起因していると思われます。
 出世よりも満足を求める人が増えてきています。
社員には安定を求めるタイプと、自らの価値観を大事にするタイプがいます。これらの価値観の多様性の変化について人事管理がついていけない会社が多いのです。


◆プラスのストローク

  今後は管理をするという意識だけでなく、部下との信頼関係を築くことに重きを置く、また服従させる意識よりもコーチング質問手法などを上手に使い、部下の自律心を促す、自己実現を支援するといったコーチングマネジメントに移行する必要があります。
 人は、ほめられたときや満足いく仕事ができたとき、家族に喜びごとがあったような場合にプラスのストローク(人の心に与えるインパクト)を得るのです。これからのマネジメントは、旧来の指示・命令型ではなく、プラスのストロークを与えるようにしなければならないのです。

                 次 へ 
 
  

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.