トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

  ◆“運”

パナソニック(旧松下電器)創業者・松下幸之助氏のありし日のTVインタビュー。

TV局 : すばらしい会社を作りあげました。何かコツがあるんでしょうか?
松下氏 運だね。
TV局 : その他に何かあるのでしょうか?
松下氏 運ということです。
TV局  それは聞きましたが…。
松下氏 わかるでしょう、運ですよ…。サンマイクロ社(=大手IT企業)の創業者・S氏。S氏は母校のスタンフォード大学(=同大学は多くの起業家を年々輩出している)の課外講師として学生に講義。
S 氏 :

(集まった1,000人位の学生に向って)この中で起業を考えている人は、手を挙げてください。
−8割位の学生が手を挙げる−

S 氏 

今、手を挙げた方で成功すると思っている方は、手を挙げたままにしてください。−手を挙げたままの人は半数位―

S 氏 :

(アットランダムに選んだA君に向って)君、どうやって成功すると思ったの?

A 君 : 私は経営ノウハウについて真剣に学び、それを身につけたと思ったからです。
S 氏 :  (学生の方に向かい、B君を指し)君は何故、そう思うの?
B 君 :

私は、学んでいる間に、成功しそうな技術を発見しました。
―しばらく、同様の質問をした後―

S 氏 : 企業の成功は100%運だよ。頭の良い悪いではない、運がなければ成功しない。
このことを、成功者と言われる中堅起業家Aさんに話すと、Aさんは「仕事に真剣に取り組んでいて、運があれば規模が大きくなる。運と経営の関係はそういうものだろう…。」
 
◆互助と共助

 大震災により、日本人は生き方、暮らし方を根本から考え直すことになりました。有事のとき、本当に困ったとき、誰かと助け合えるのか、力づけ合えるのか。被災地の、東北の方々の振る舞いを見て、人々は自問自答しているところです。
 自助、互助、共助、公助について多くのメディアが語ります。
自助とは自分の力で問題を解決すること。互助とはお互いの関係性がはっきりしている間柄、つまり家族、知人や地域の人達が協力し合って問題を解決すること。共助とは地域や市民レベルで解決すること。公助とは、国や自治体などの公的機関により問題解決されることを言います。企業やNPOなどが行う社会貢献は共助ということになります。
 
今回の大震災で、多くの人々は互助と共助の大切さを実感しました。

                次 へ 

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.