トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

 

◆シェイクアウト

 2008年にアメリカで始まった新しい防災訓練を、「地震に負けるな!」という意味を込めて「シェイクアウト」といいます。
 シェイクアウト訓練は、従来の避難訓練と異なり、様々な人たちが様々な場所で同時に訓練を行う点に特徴があります。例えば京都市では、3月11日午前10時30分に緊急速報メールを発信し、緊急地震速報を受信した人は、その場で姿勢を低くし体や頭を守って揺れが収まるまでじっとする、という訓練を全市一斉に実施しました。他にも東京都千代田区や杉並区、西宮市などでも実施しており、また、2012年8月に北海道で行われたシェイクアウトには、11万人以上の参加者がありました。
 
普段の場所で、短時間で誰でも参加できるシェイクアウトは、暮らしの実情にあった新しい防災訓練活動として、取り組みを始める自治体が増えつつあります。

◆正しい数珠を選んでいますか?

 葬儀に参列するときに身に着ける数珠は、本来は念仏を読む回数を記憶するために使われていました。正式な数珠は、人の煩悩の数を表す「108」の玉で作られています。
 魔除けや厄除けのお守りになる数珠には、宗派ごとの本式の数珠と略式の数珠があります。多くの方は略式の数珠を選んでいるようですが、宗派ごとの本式の数珠を持つことが理想です。なお、本式の数珠を他宗派の葬儀に持っていくことは問題ありません。
 葬儀の際、数珠は座っているときは左手首にかけ、歩くときは左手で持つのが正しい持ち方です。焼香の時の持ち方は、宗派によって、また数珠の長さによって異なるようです。

◆心に響くことば
 みなさんは、好きな名言や格言はありますか?過去の偉大な人物が残した言葉や映画・漫画のせりふ、又はことわざなど、心に響く名言・格言はいろいろあると思います。
 インターネットのアンケート調査で上位にランクインしたのは、「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」「一期一会」「継続は力なり」「時は金なり」「明日は明日の風が吹く」などの言葉でした。どんなことでも強い意志をもってやれば必ず成就するというやる気の大切さ、一つ一つの効果は微々たるものでも努力を続けていけばやがては大きな事業を達成できるという諦めないことの大切さを説いた言葉など、どれもシンプルながらも非常に納得できる意味の言葉ばかりですね。

                次 へ 

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.