トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

〈賞味期限と消費期限〉
 
〈4Kテレビ〉

〈JMOOC〉




月刊 経営一番

〜キリスト教と戦争〜

「愛と平和」を説きつつ戦う論理







編集後記
〜日本文化と桜〜



業績31の原理

 

  〈賞味期限と消費期限〉 

 食品が一定の品質を保持している期限を示す日付として、賞味期限と消費期限の2つの期限表示が使用されています。
 どちらの期限表示も、開封前の状態で定められた方法により保存した場合の期限として表示されていますが、次のような違いがあります。
 消費期限は、定められた方法によって保存した場合、腐敗や変敗などの品質の劣化によって安全性を欠くこととなる恐れがないと認められる期限を示す年月日をいいます。弁当や食肉など品質が急速に劣化しやすい食品は、消費期限を示すことになっています。
 一方の賞味期限は、定められた方法によって保存した場合、期待されるすべての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日をいいます。缶詰やスナック菓子など比較的品質が劣化しにくい食品は、賞味期限を表示します。チューインガムやアイスクリーム類、食塩や砂糖など賞味期限の表示を省略することができるものもあります。賞味期限が過ぎた食品であってもすぐに食べられなくなるわけではありません。
 このほどキューピー鰍ヘ、マヨネーズの賞味期限を10ヶ月から1年に延ばしました。
 同社が最初にマヨネーズを売り出した時の賞味期限は1年でした。ただその当時は瓶詰の製品だったのが、1958年に現在のポリエチレン製のボトル容器に変更した時に賞味期限が7ヶ月に短くなりました。これは、ポリエチレンは酸素を通すため、酸化によってマヨネーズの品質が低下するのが原因でした。
 その後様々な改良が重ねられ、2002年には10ヶ月に延長することができました。そしてこのほど製造工程で酸素を減らすことができ、賞味期限を1年に延ばすことに成功しました。

 

  〈4Kテレビ〉 

 フルハイビジョンの4倍の画素数を持つ高画質テレビを4Kテレビといいます。テレビは、大画面になるほど1画素あたりの面積が大きくなります。
 したがって同じ画素数であれば画面が大きいほうが、画質が粗くなります。フルハイビジョンは1,920×1,080画素のところ、4Kテレビは3,840×2,160画素と高画質になっています。水平画素が3,840(=約4,000)なので4Kと呼ばれています。
 4Kテレビには、現在のデジタル放送やDVDなどの4K画質ではない映像を4K相当に自動で変換するものもあるようです。またケーブルテレビなどでは、昨年3月から4K放送が開始されました。総務省によると、BS放送での実用化は2018年ごろを予定しています。2020年の東京オリンピックでは、数多くの中継が4K放送されるようです。

 

  〈JMOOC〉 

 インターネットで配信される大学などの授業を無料で受講し、一定の基準を満たすと修了証を取得することができる教育サービスが、2012年アメリカで始まりました。このサービスは世界中で広がっており、今後の教育の在り方を変えるかもしれません。
 日本でも、2013年に日本オープンオンライン教育推進協議会(Japan Massive Open Online Courses=JMOOC)が設立されました。ジェイムークと呼びます。
 この仕組みが認知されると、大学などの教育の形態が大きく変化する可能性があります。また、日本で構築した仕組みやコンテンツをアジア諸国に提供することで、日本への留学希望者や就職希望者に対して必要な学習機会を提供することも可能になります。

               

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.