トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

〈ガンの新しい治療法〉
 
〈加熱式タバコ・電子タバコ〉

〈アスレジャー〉




月刊 経営一番

〜「世間の学校」で読む力、問う力を付けましょう〜






編集後記
〜好きな事が人を駄目にする〜



業績31の原理

 

  〈ガンの新しい治療法〉 

〈ガンの現状〉
 ガンは不治の病と言われ、日本ではガンによる死亡者数は全体の30%を占めています。特に肺ガンや大腸ガンは、死因の上位に挙げられます。
 2013年のデータによると、生涯でガンの罹患する確率は、男性で62%、女性で46%でした。実に2人に1人がガンに罹る時代です。公益財団法人日本対がん協会では、体調と相談しながら、会社や病院と話し合いながら、治療をしながら働く、「ながら勤務」を現代のガン治療のスタイルとして世間に広める活動を推進しています。
〈ガンに対する治療法〉
 ガンの治療には様々な種類がありますが、代表的なものは手術・薬物療法・放射線治療の3つです。
 手術は、ガンそのものを除去する局所療法です。ガン治療の最も基本的な治療法で、ガンが最初にできた原発巣にガンが留まっている場合には、完全に治すことができます。
 ガンの治療は局所療法と全身療法に分けることができますが、薬物療法は全身療法に分類される方法です。薬物療法には、主に抗がん剤やホルモン剤、免疫賦活剤が使用されます。白血病や睾丸腫瘍など、薬物療法によって完全に治すことができるガンと、完全には治すことができないガンがあります。完全に治すことができない場合でも、ガンの大きさを小さくすることで延命効果や痛みの緩和が期待できるものがあります。
 放射線治療は、ガンのあるところに高エネルギーの放射線を照射するか、小さな放射線源をガンの近くに埋め込む治療法で、局所療法に分類されます。
〈第4の方法・免疫療法〉
 近年の研究で、新しいガンの治療法として、ガン免疫療法が4本目の柱となっています。
 体内に細菌やウイルスなどの異物が侵入することを防いだり、侵入してきた異物を排除したりすることで身体を守る仕組みを「免疫」といいます。もし免疫にブレーキがかかった状態になると、異物から身体を守ることができません。免疫療法は、免疫にかけられたブレーキを解除したり、免疫にアクセルをかけたりすることで、免疫の攻撃力を高める方法です。
〈オプジーボ〉
 体内にガン細胞が発生すると、免疫機能が正常に働いているのであればT細胞という免疫細胞がガン細胞を攻撃します。ガン細胞はT細胞からの攻撃を受けないために、PD-L1という物質を作り出します。T細胞にはPD-1という受容体がありますが、このPD-1受容体にガン細胞が作り出したPD-L1が結合すると、T細胞の免疫機能にブレーキがかかり、ガン細胞を攻撃できなくなります。
 製薬メーカーの小野薬品工業はこの仕組みに着目し、「オプジーボ」という薬を開発しました。オプジーボは、T細胞のPD-1受容体に結合し、PD-L1がPD-1に結合することを阻止することで免疫機能にブレーキがかからないようにすることと、T細胞自身のガン細胞への攻撃力を高める作用を持っています。
〈フランDグルコース〉
 ガンが成長するためには、「糖」が栄養素として必要です。この「糖」を特殊加工してガンに取り込ませることで、ガンの成長を阻害することが発見されました。この糖は「フランDグルコース」と呼ばれるもので、2017年には「抗腫瘍剤の製造方法」として特許が取得されています。実験ではマウスに食品として自然に口から引用させたことが、日本癌学会では大きな注目が集まり、現在では人間に対するモニター試験も開始されています。


 

  〈加熱式タバコ・電子タバコ〉 

 タバコの葉を電気で加熱して蒸気を発生させるタバコを「過熱式タバコ」といいます。火を使わないので、従来の紙巻きタバコを吸うときに発生する独特な臭いや煙が出ないという特徴があります。ニコチンなどの有害物質が従来の紙巻きタバコに比べて9割近く削減されています。大幅に削減されたとはいえ有害物質を含んでいますので、健康を害する恐れはあります。
 過熱式タバコについて、使用前後のタバコ葉が入った部分を食べてしまったという事故が2016年以降11件報告されています。このうち年齢が判明している10件はすべて1歳5か月までの乳幼児が被害者でした。このことを受けて国民生活センターが、市販されている加熱式タバコ3タイプ12銘柄の誤飲のリスクについて調査を行いました。するとすべての銘柄について、子供が誤飲しうる形状であり、1本分のタバコ葉にはおう吐を引き起こすおそれのある量のニコチンが含まれていました。また9銘柄については、子供の口腔内に容易に収まるサイズであることもわかりました。国民生活センターでは、加熱式タバコを誤飲しないように、乳幼児の手の届かないところに保管と廃棄をすることや、誤飲した場合は水や牛乳などを飲ませず直ちに医療機関を受診するよう、注意喚起を促しています。
 タバコ型の吸入器を使って、タバコやフルーツなどの香りや添加物が加えられた溶液を気化して吸い込むタバコを「電子タバコ」といいます。電子タバコにはニコチンが含まれているものと含まれてないものがありますが、日本では薬事法の規制でニコチンが含まれているものは販売できません。逆にニコチンが含まれていない電子タバコは、たばこ事業法上たばこに分類されないので、未成年者でも購入することができます。青少年が喫煙を開始するきっかけにつながることが懸念されています。


 

  〈アスレジャー〉 

 アスレチックとレジャーを組み合わせた「アスレジャー」が、アメリカを中心にファッション業界でトレンドとなっています。アスレジャーは、休日にジムでエクササイズをするようなスポーツウェアを中心に構築されたファッションスタイルです。
 アスレジャーに人気が集まる理由は様々あります。まず、身体を締め付けないのでリラックスできるスタイルであることです。行き過ぎたファッションや、女性にとってはハイヒールに対する疲れや飽きを感じている人が増えているようです。
 また、スポーティーなファッションであることが、最近の健康志向にマッチしていることも挙げられます。
 さらに、アスレジャースタイルはスポーツウェアよりも着回しが効くアイテムが多いので、幅広いシーンで着られることも、支持されている理由のようです。


               

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.