トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

〈マイクロプラスチック〉
 

〈成年年齢引き下げ〉

〈数え年〉



月刊 経営一番

〜習近平のデジタル文化大革命〜






編集後記
〜今年もお健やかで、素晴らしい一年になりますように!!〜



業績31の原理

 

  〈マイクロプラスチック〉 

◆小さなゴミ
 海岸には様々なゴミが打ち上げられていますが、最近ではこのように目に見えるゴミではなく、目に見えない小さなゴミが問題視されています。これは「マイクロプラスチック」と呼ばれるもので、直径が5o以下の小さなプラスチックのゴミをいいます。
 プラスチックは、熱が加わったり太陽光が当たったりすると、砕けやすくなります。海に漂っているプラスチックのゴミは長年太陽光に当たって小さく砕けていきます。しかしどれだけ小さくなっても、プラスチックは海の水に溶けてなくなることはありません。小さくなったプラスチックは、海の生態系に影響を与えており、毎年多くの海洋生物が死んでいると推定されています。
◆プラスチックの誕生と流出
 プラスチックは19世紀後半に発明されました。1950年ごろに本格的に生産され、これまでに累計で83憶トンのプラスチックが生産されています。このうち63憶トンが廃棄されたとされていますが、その中にリサイクルされていないプラスチックは57憶トンもあるそうです。
 回収されなかった廃プラスチックのうち海に流入している量は把握されていません。ただ、アメリカの工学者が2015年に推定したところによると、年間で480万〜1,270万トンのプラスチックが、沿岸部から流出しているようです。
◆広がる汚染
 環境省が2014年に行った調査によると、瀬戸内海西部には海水1トンあたり0.4個のマイクロプラスチックがありました。一方、海岸から数百キロメートル離れた海域では海水1トンあたり2.4個のマイクロプラスチックがありました。マイクロプラスチックによる汚染が外洋に広がっていることを示唆されました。
 東京農工大学高田教授が、東京湾のふ頭で釣ったカタクチイワシを調べたところ、8割の消化管の中から様々なプラスチック片が出てきました。これらは、大きさが1o前後で、ポリエチレンやポリプロピレンが多くありました。
◆動物や人間への影響
 海鳥によるプラスチックの誤飲が初めて記録されたのは、1966年でした。このときハワイ諸島の環礁で、74羽のコアホウドリのヒナの体内から、プラスチックが見つかっています。当時と比べて、プラスチックの生産量は約20倍増加しているので、多くの野生動物がプラスチックを誤飲していることが想定されます。
 マイクロプラスチックが人体に与える影響は、ほとんどわかっていません。ただ、プラスチックの添加物の中には、ホルモンの正常な働きを阻害する物質や、がんや先天性欠損症を引き起こす可能性がある添加物もあります。魚を食べることによってマイクロプラスチックが人体に取り込まれれば、少なからず影響があることが懸念されます。
◆ゴミ削減のために
 ノルウェーでは、ペットボトルの回収率が97%と、ほかのどの国よりもペットボトルのリサイクルが進んでいます。またコカ・コーラ社は、2030年までに同社の容器の数量100%相当分を回収し、リサイクルを推進するグローバル目標を発表しました。
 プラスチック製品自体の使用を抑制する動きも見られています。フランスでは、プラスチック製の皿やコップの使用を部分的に禁止しています。イギリスでは、使い捨てプラスチック製品への課税を検討しています。また、金属製のストローや、蜜蝋と綿の生地で作られていて繰り返し使える食品用ラップなども開発されています。


 

  〈成年年齢引き下げ〉 

 民法が約140年ぶりに改正され、2022年4月から成年年齢が現行の20歳から18歳に引き下げられます。成年年齢とは、親の同意がなくても一人で契約をすることができる年齢のことです。携帯電話の契約や一人暮らしの部屋を借りる際の契約はもちろん、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることも18歳からは自分一人でできるようになります。また成年年齢は、父母の親権に服さなくなる年齢でもあります。そのため、進学や就職などの進路を自分の意思で決定することができるようになります。
 一方で、飲酒や喫煙、競馬や競輪などの投票券を購入することは、健康面への影響や青少年保護などの観点から、従来通り20歳以上の年齢制限が維持されています。


 

  〈数え年〉 

 お正月に神社へ初詣に行くと、「厄年」の年齢表を見ることがあります。女性が33歳、男性が42歳の厄が大厄として広く知られていますね。ところが、該当年齢の方でも、今自分がはたして本厄なのか、あるいは前厄・後厄なのか、すぐには分からないことが多いのではないでしょうか?なぜなら、厄年は私たちが普段使う満年齢ではなく、数え年を使っているからです。
 数え年は、生まれた年が1歳、その後お正月を迎えると1歳年を取ります。お正月に歳神様を迎え、お年玉(=1年生きる力)を頂き、1つ年を取る、という考え方だそうです。
 例えば平成30年12月31日生まれの人は、翌日の平成31年1月1日に一気に2歳になります。簡単に数え年を計算する方法は、自分の誕生日前は満年齢+2歳、誕生日後は満年齢+1歳です。これで迷わず計算できますね。


               

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.