トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

〈障害者差別解消法〉
 

〈「ブラック企業」の見分け方〉

〈クレーム対策〉



月刊 経営一番

〜「縮み」志向の日本人〜


〜BCGが読む経営の論点2019〜



編集後記
〜不正、いじめ、虐待はなくならない?〜



業績31の原理

 

  〈障害者差別解消法〉 

(法律の施行)
 障害のある人もない人も、お互いにその人らしさを認め合いながら、共に生きる社会をつくることを目指して、平成28年4月1日に障害者差別解消法が施行されました。この法律の正式名称は「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」といい、「不当な差別的取扱いの禁止」と「合理的な配慮の提供」の2本柱で構成されています。
(法制定の背景)
 平成18年に国連で、障害者の人権や基本的自由を保障することと、障害者の尊厳を尊重することを促進するための国際条約である、「障碍者の権利に関する条約」が採択されました。日本は平成19年にこの条約に署名し、国内法の整備を進めてきました。平成23年には、この条約の趣旨を踏まえて障害者基本法を改正し、障害を理由として差別をすることなど、障害者の権利利益を侵害する行為を禁止しています。
 障害者差別解消法は、障害者基本法に定める差別の禁止の基本原則を具体化するために定められた法律で、平成25年に制定されました。そして、この法律の制定などの一連の障害者施策についての取り組みの成果を踏まえて、平成26年1月に先ほどの国際条約を締結しました。
(法の対象範囲)
 この法律の対象となる「障害者」は、障害者手帳を持っている人に限られていません。身体障害、知的障害、精神障害など心や身体のはたらきに障害がある人で、日常生活や社会生活に相当な制限を受けている全ての人が対象です。
 「事業者」については、会社やお店といった同じサービスなどを繰り返し継続する意思を持って行う人をいいます。個人・法人の別や営利・非営利の別を問わないので、個人事業者やボランティア活動を行うグループも対象になります。
(不当な差別的取扱いの禁止)
 この法律では、国や都道府県、市町村などの役所、会社やお店などの事業者が、障害者に対して正当な理由なく、障害を理由として差別することを禁止しています。正当な理由があると判断した場合は、障害者に対してその理由を説明して、理解を得る必要があります。
 不当な差別的取扱いの具体例としては、障害者本人を無視して介助者や付き添いの人だけに話しかけることや、学校の受験や入学を拒否すること、介助者などが一緒にいないとお店に入れさせないといった行為が挙げられます。
(合理的配慮の提供)
 この法律で規定される「合理的配慮」とは、障害者が感じている社会的な障壁について障害者から取り除くことを求められたとき、負担が重すぎない範囲で対応することをいいます。もし障害者から求められたことを実施することについて負担が重すぎる場合、なぜ負担が重すぎるのか理由を説明し、別の方法を提案するなど話し合いをして、理解を得るように努めることが求められます。
 合理的配慮の具体例としては、障害者の障害特性に応じて座席を決めることや、段差がある場合に簡易スロープなどを使って補助することなどが挙げられます。
 事業者を所管する役所は、不当な差別的取扱いや合理的配慮の具体例を盛り込んだ対応指針を定めることとされています。この対応指針は障害者の意見を聴きながら作ることとされており、事業者は対応指針を参考にして、障害者差別の解消に向けて自主的に取り組むことが期待されています。


 

  〈「ブラック企業」の見分け方〉 

学生の「ブラック企業の見分け方」を見ると、その多くは客観的データから見分けているように思います。
その見方とは、
1.数値から判断する
 @新卒者の3年離職率(業種・男女の定着)
 A従業員数と採用実績比較(会社が退職を見込んだ採用を行っている?)
 B従業員勤続年数
 C平均残業時間(これは当てにならないこともあり有給休暇消化率が判断材料)
 D「ノー・アンサー」(上記項目等についての質問に会社が答えていない)
2.数値以外から判断する
 @過労死・過労自殺を出している
 A労働組合の有無(有りは、会社幹部の暴走の抑止力として評価する)
 Bその他、学生間の情報を集める
です。


 

  〈クレーム対策〉 

 清掃業B社の現場60ヵ所は大半がパート勤務者です。
 B社の受付けには、清掃上のクレームは来ないが、コミュニケーション上の苦情が多いため、
B社は挨拶と身だしなみの改善に着手しています。
 例えば、次のような一枚の紙を配っています。
 あ…明るく
 い…いつでも
 さ…先に、さりげなく
 つ…続けて一言(状況にあった一言を加えよう)
 身だしなみとして、自己チェック表を記載。
 例・@髪…神は伸びすぎていない? A顔…ヒゲの剃り残しはない? B服…襟や袖口は汚れていない? C手…爪は伸びていない? D靴下…ずり落ちていませんか? E靴…汚れていませんか?
 クレームが激減しています。


               

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.