トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

      起業家応援 情報2

■ 事業計画書の具体的内容と作成のポイント

事業計画の構築
・経営理念
・経営基本方針
・事業内容(注)
・経営ビジョン(中・長期計画)
・事業領域の明確化(定義、コンセプト)
 
現況(キャリア)の把握
外部環境の認識
・社会環境
・経済環境
・市場(競合)環境
事業形態の認識
事業収支計画の立案 (シュミレーション)
利益計画
・販売計画
・(開業投資計画)
・生産(仕入)計画
資金繰り計画
・ 開業投資計画
  必要資金計画(設備等、人材、開業費用、その他)
  資金調達計画(自己資金、出資金、借入金)

注)事業内容
  ・事業目的 ……… 開業目的、動機、きっかけ
  ・事業主体 ……… 事業の組織(法人か個人か、その陣容、従業員)、
               出資者、協力者
  ・事業分野 ……… 選択業種と取扱商品、サービス
               事業選択の背景と理由、事業の市場分析
               選択事業の経験や必要資格・免許の有無
               当社のセールスポイント
  ・事業の場所 …… 対象エリア(立地条件)
  ・事業の対象 …… 対象顧客
  ・事業の方法 …… 販売、仕入の方法、提携先、協力者の有無
  ・事業資金 ……… 所有資金と資金調達方法
  ・事業時期 ……… 開業時期及びスケジュール


Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.