トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

\ 金銭モラル   

ヤミ金被害者1ヵ月で6万人、警視庁まとめ 9月だけでも昨年の半分超

「ヤミ金融対策法」が一部施行された9月に全国の警察本部が摘発したヤミ金融事件は計125件、被害者数は約61,000人に達したことが16日、警視庁のまとめで分かった。 警視庁は9月を取り締り強化期間に指定。1ヵ月間で摘発件数、被害者数とも、過去最多だった昨年1年間の半分を上回った。(日経夕刊10月16日より抜すい)

この記事を見て、ヤミ金被害者数以上のサラ金等(ヤミ金を含む)の利用者がかなりいることになる。大きな産業である。最近、ある地方へ1日出張した。出張先の会社の支店は、国道沿いにある。反対側には、コンビニ、その隣がラーメン屋、その隣がファミリーレストラン……、カレーの店、etc、会社の支店の隣がサラ金無人店舗、その隣が牛丼店、……。 地方の国道なのか、6号線(水戸街道)なのか、最近はどこへ行っても同じような状景である。

このサラ金無人店舗は大変繁盛している様子で、短時間に何人か(中にはアベックもいる)の利用者が入って行くシーンをガラス窓越しに見えてしまった。最近では、千葉市若葉区で戸籍上の夫が少年4人と16歳の少女を殺害したという事件がありました。消費者金融から借金をするための偽装結婚であったという報道を聞き、私も含めて、一般国民は大変ビックリしたと思う。 増える

サラ金等の消費者金融テレビコマーシャル、街道沿いの無人店舗、ヤミ金問題、一方で若年層の金銭感覚、あるいは幼児期からの金銭教育など考えさせられる問題がたくさんあるようである。

企業は、運転資金のため、設備投資のために借入をする。個人もほしいものがあれば、先に借入して取得することも悪いことではない。しかし、借りたものは必ず返す=A計画的にためて返す<c宴汲ェなくなれば、ビジネス社会も人間がやっていることであるから、商売上の信用供与に対して、益々疑心暗鬼になる。過度な勧誘、たまには○○○!と控えめに願いたい。   

          月刊 経営一番へ 

 


Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.