トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

 〜 教 訓 〜

  実りの秋である。ご近所の庭にも、道路沿いにも、たわわに枝が折れんばかりのだいだい色の熟し始めた柿。なんとなく温かく豊かな気持になる。紅葉の季節でもある。色あざやかな木々の葉が目をなごませてくれる。四季のある日本の自然に感謝したい。一方で、そんな悠長なことを言っていられない自然の脅威もある。10月23日突然襲った新潟県中越地震、余震の規模、回数も多く、大災害である。被災者の方々には、お気の毒で何と申し上げて良いかわからない。少しでも何かお役に立てることをしようと思うのが、精一杯である。皆川優太君には健やかに育ってほしい。自然を愛し、自然と共に生きる畏敬の念をもつことが大切とあらためて痛感する。

 人間はどこかご都合主義のところがあり、場当り的で、忘れてはならない教訓を忘れてしまうことが多い。阪神大震災の教訓、震災後備えて置いたはずの「非常時持出袋」は何処?震災後も自由に歩けるようにと古い運動靴、など。

 日銀は29日、消費者物価などの中期的見通しを示す「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)を発表した。1997年度以来8年ぶりの物価上昇を予想した。今回、デフレ脱却の可能性を初めて示したことになるようだが、このレポートを経営者の皆さんはどのようにとらえるであろうか?地域の経済情勢・物価はどうか?既にインフレは始まっているのか?的確な分析と先見性、そして、バブル経済時の教訓を生かした意志決定をしてほしいと思う。

       月刊 経営一番へ 

 


Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.