トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

「喜ばれて喜ぶ」 〜職業倫理 その2〜

あけましておめでとうございます。

昨年は、職業倫理あるいは職業に対する使命感の欠如から端を発した大きな事件がたくさんあった。大変残念、無念なことである。私たちも常に職業倫理を意識して、間違った意思決定をしないように努めなければならないようだ。

人はややもすると、安易に、利己の選択をし、行動するようだ。"企業は利益の為にうそをつく"が消費者の視点として完全に定着したようである。これからは益々、日々の営業活動の中で、企業の姿勢がテストされる場面が増えそうだ。社員の行動に企業の姿勢(理念、哲学)が、写し出される。顧客と接点のある第一線で働く店員や営業マン、技術者等の行動が業績を左右する時代になったと思う。すなわち、企業経営において"現場対応力"が最も重要な成功要因としてあらためて注目されつつあるようだ。

現場対応力強化のためには、経営者が、常日頃から社員に、自分の想いを「会社の存在意義」、「行動指針」として、熱く伝えることが重要であるようだ。その浸透度が日々の社員の顧客への対応など、日々の行動に現われる。「お客様大事」を行動指針としたいものである。


2006年 日々のことば 松下幸之助「お客様大事」、初日は「喜ばれて喜ぶ」である。
『"良いものを買った"とお客様に喜んでいただく。そのご満足の声を聞いて、商売のやりがい、喜びを味わう。そしてそれを力にさらにお客様に喜んでいただけるよう創意工夫を重ねる。こうしたお客様との喜びの循環が、商売の成功に通じている。』
さあ、今朝も、想いを込めて、基本行動宣言を唱和しよう。 皆様にとって、新年がご健勝で輝かしい年になりますようお祈りするとともに、ご企業が「ドッグイヤー」の成果を上げられますようご期待申し上げます。

                        月刊 経営一番へ 


Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.