トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

〜 人材、あなたは〇〇型人間 〜

 人材がないと嘆く経営者は多い。経営者の指示・要望に応えられない、あるいは、指示待ち人間や、建設的意見が出せない人など、経営者によってその内容は様々である。中小企業は少ない人員で経営しているので、それぞれの発揮能力いかんで、業績が左右される。中小企業こそ人材が経営の要である。しかし、中小企業の人材採用にあたっては、経営者の“好み”が無意識のうちに優先されるような気がする。

最近こんなフレーズを目にした「ネコ型人間をどう活用するかがカギ」。「イヌ型人間」は従順、「ネコ型人間」は自分中心主義であると。自分中心ではあるが、理念・ビジョンなどに共感すると一所懸命職務に励み、能力を存分に発揮してくれるようだ。「イヌ型人間」は従順なだけで、アイデアや建設的意見が出ないという。

組織にはバランスよく、イヌ型とネコ型が所属するのが望ましいが、往々にして中小企業の経営者は、“好み”で、イヌ型に片寄ったり、反対にネコ型に片寄ったりする傾向が見受けられる。
今年の干支は“亥”。いのしし型は猪突猛進、向う見ずだろうか?益々人材が企業の盛哀を左右する時代である。

今、会社の中で、どんな型の人材が不足しているのか?既存の社員をどんな型に育てなければならないのか?経営者は、人材を客観的に判断できる能力を持てなければならないようだ。一国の首相は言うまでもない。

                   月刊 経営一番へ 


Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.