トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

 政権交代は「革命」

 傍若無人。広辞苑で引くと、「傍(かたわら)に人無きが若(ごと)し」の意、「人前を憚(はばか)らずに勝手気ままにふるまうこと。」とある。又、“鼻持ちならぬ”を引くと、「臭気が耐えきれないほど甚だしい。転じて、言動が嫌みで見聞するに堪えない。」とある。このような方々は必ず身近にいるものである。同化されないように、反面教師にしたいものである。大勝した民主党も、実態はわからないが、自民党支持者からは然様に言われているようである。

 
さて、信奉する経済学者の解説によれば、今般の政権交代は「革命」であると。民主党に期待したのではなく、国民が現状打破を目的として、民主党を利用して、革命を起こしたとの認識である。したがって、国民はマニフェストの完全実行を望んでいる訳ではなく、現状を打破し、政治・行政の透明性を高め、無駄をなくし、長期的視点に立った施策を望んでいるというのである。

 アンケートによると、国民は、「こども手当」等の政策を手放しで支持していない現状があるというのだ。民主党と自民党の政策の違いは、民主党は個人への再配分、自民党は組織(産業等)を通じた個人への再分配(農協、建設業、中小企業などへ資金を配分する⇒非効率を生み出し、所得の低い人には届かない)。どちらも一長一短であろう。結果として、有効な産業振興政策がとれなかった自民党であるが、この不況下、民主党は、無駄を排した後、どのような産業振興政策をして雇用の創出及びGDPの拡大を狙うのか。中央政治と地方政治との新たな関係の構築など。今回の政権交代は国民の期待する「革命」であるとの認識を持ち、傍若無人ではない施策をお願いしたい。

  月刊 経営一番へ 

  

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.