トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理


 
 
〜 運は自分でつかむ 〜

  先日、所属している経営者の勉強会の15周年式典及び祝賀会があった。やはり、節目には、次へのステップのためにも、何かセレモニーが必要だと感じた。温故知新、そして、集まった会員がそれぞれ新たな決意をすることなのだろう。そのためには、適度なセレモニーの時間が必要である。短すぎても、決意まで到達しない。長すぎるとだれる。決意が緩む、祝賀会のビール・食事が気になりだす。バンクーバーオリンピックの閉会式が、今日行われた。4年に一度の大会である。アスリートたちの熱い戦いを締めくくって、選手・関係者の活躍を讃え、そして、4年後のオリンピックへの誓いでもある。その時の立場は様々であろうが、次回オリンピックへの思いを新たにしたであろう。素晴らしい閉会式であった。

 今回のオリンピックで、各種目において、運がよかった選手、悪かった選手いろいろだった思う。しかし、成績が芳しくなかった選手は、決して運が悪かったとは言わない。一流選手は自ら「運」を引き寄せるものだということを知っているようである。だから、負けた後も、一瞬は悔しさを前面に出すが、時間が経つと、さわやかに変身して明日をみている。その前向きさは百戦練磨によって養われるのだろう。私たちもスポーツマンのように運を引き寄せたい、できれば、運の方から来てほしい。

 最近、「運のつかみ方」について「致知2010.3月号」で、女優貴城けいさんが、宝塚の体験を語った記事を目にした。「清く・正しく・美しく」をモットーとする宝塚歌劇団に、ある日突然、貼り出されたとのこと。「25の戒め」である。これは、実行出来そうなものが結構ある。やってみよう。運に嫌われないように。

『ブスの25箇条』
1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.自信がない
5.目が輝いていない
6.精気がない
7.いつも口がへの字の形をしている
8.希望や信念がない
9.自分がブスであることを知らない
10.声が小さくイジケている
11.自分が最も正しいと信じ込んでいる
12.愚痴をこぼす
13.他人をうらやむ
14.責任転嫁がうまい
15.他人を信じない
16.いつも周囲が悪いと思っている
17.他人に嫉妬する
18.他人に尽くさない
19.謙虚さがなく傲慢である
20.人のアドバイスや忠告を受け入れない
21.なんでもないことに傷つく
22.悲観的に物事を考える
23.問題意識をもってない
24.存在自体が周囲を暗くする
25.人生においても仕事においても意欲がない

  月刊 経営一番へ 

  

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.