トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理


 

〜平成維新への期待〜    
前号からの続き @

 
台湾元総統の李登輝先生に謁見し、ご講演を拝聴することができた。
  今、日本には平成維新が必要。これがなければどうにもならない。明治維新があり今日がある、国を愛することに維新の基本がある。日本人は歴史を知らない。坂本龍馬の新国家体制の基本方針である「船中八策」など。そのためには、民衆の思い、民衆の力の結集が不足しているようだ。と叱咤激励を受けた。
 また、日本と台湾との関係はどうあるべきかの基本方針として、「心と心の絆を築きあげること」とおっしゃって、それには、日台関係における過去の偉人などを知ることが大事だと強調された。約9年前に三田祭で講演することになっていたが、ビザの発給がなく講演は中止となったが、ここで台湾にとっては神様のような偉人である、石川県出身の八田與一氏の功績を知ってもらい、日本人精神の素晴らしさを伝えたかったようだ。

 前号編集後記では、八田與一氏の功績を紹介した。この号で李登輝先生が強調した日本人精神を掲載した。
 「骨抜きにされた日本」と厳しい評価をいただき、日本人は歴史を知らない、正しい歴史認識をもつこと、憲法を見直すことなど、平成維新へ向けての叱咤激励を受けた。
 そして、日本にとって「台湾」はなくてはならない存在であることを、中国など諸外国との軍事的位置関係や、経済・観光の視点から強調され、日本人には、それらに関しての正しい認識をもってほしいと要請された。
 さて、今回のご講演でも八田與一氏の功績を例に、日本人精神をご紹介いただいたが、ご講演の中でも云われた、産経新聞に掲載された実現しなかった三田祭での講演原稿の全文を掲載させていただき、李登輝先生が強調した日本人の精神をあらためて再認識したい。

 李登輝氏「日本人の精神」全文 
台湾の水利事業に尽くした故八田與一氏 危機時代乗り切る指針
(産経新聞2002.11.19 朝刊 国際欄)
台湾前総統の李登輝氏が11月24日に慶応義塾大学の大学祭「三田祭」での講演を想定して準備した原稿の全文は次の通り
原文は李登輝氏が執筆した旧漢字かな遣いの日本語だった。(台北 河崎真澄)

  経済新人会の森本代表、三田祭幹事会の皆様、ご来賓の皆様、こんにちは!
 ただ今ご紹介を受けました李登輝です。
 この度、三田祭開催を前にして、金美齢女史と経済新人会の森本代表、河野先生が10月15日にわざわざ台湾にいらっしゃいました。そして私に三田祭、経済新人会主催の講演で「日本精神」について話してもらえないかと招聘状をいただきました。私はこれは難しい題目だなあと知りながら、しかし、即座によいでしょうと返答しました。これにはいろんな理由があります。

 一つは三田祭幹事会の皆さんが若き学生であり、そして日本精神について知りたいということは、日本の現状と将来について、考えに考えたあげく、この問題を私に求めたものと思います。こんな立派な若者が日本にたくさんいることを知り、すっかり私の心を打つものがありました。
 第二に私は、かつて日本の植民地・台湾で生まれ、かなり日本および日本についての教育を受け、最近はまた、新渡戸稲造氏の武士道、すなわち日本人の精神について、その解題(分析)を書き、日本精神についてかなり考える機会を与えられました。


 いま、私たちの住む人類社会は未曾有の危機に直面しています。地球規模の大戦や骨肉相食(は)む血みどろの内戦や紛争の二十世紀が終わり、平和や繁栄の時代が到来したと安堵したのも束の間、世界ではますます不穏が続き、2001年の9月11日にニューヨークやワシントンを多発的に襲った未曾有のテロ事件が発生しました。

 まさに、人類社会自体が危機竿頭の大状況に直面しているときだけに、世界有数の経済大国であり、平和主義である「日本および日本人」に対する国際社会の期待と希望は、ますます大きくなると断言せざるを得ません。数千年にわたり積み重ねてきた「日本文化」の輝かしい歴史と伝統が、60億人の人類全体に対する強力な指導国家としての資質と実力を明確に示しており、世界の人々から篤い尊敬と信頼を集めているからです。
 この指導国家の資質と実力とは何でしょう。
これこそは日本人が最も誇りと思うべき古今東西を通じて誤らぬ普遍的価値である日本精神でしょう。人類社会がいま直面している恐るべき危機状態を乗り切っていくために、絶対必要不可欠な精神的指針なのではないでしょうか。


 しかるに、まことに残念なことに一九四五年以後の日本において、このような代え難い日本精神の特有な指導理念や道徳規範が全否定されました。日本の過去はすべて間違っていたという「自己否定」な行為へと暴走して行ったのです。
 日本の過去には政治、教育や文化の面で誤った指導が有ったかもしれませんが、また、素晴らしい面もたくさんあったと私はいまだに信じて疑わないだけに、こんな完全な「自己否定」傾向がいまだに日本社会の根底部分に渦巻いており、事あるごとに、日本および日本人としての誇りを奪い自信を喪失させずにおかないことに心を痛めるものの1人であります。これらが、私をして三田祭講演の招聘状を即座に承諾させた理由でもあります。

 皆様に日本精神は何ぞやと、抽象論を掲げて説明するだけの実力を私は持っておりません。(司馬遼太郎の著書「台湾紀行」に“老台北”として登場する実業家の)蔡焜燦さんの書かれました「台湾人と日本精神」みたいな立派な本をもって説明することもできません。私としては日本の若い皆さんに、私が知っている具体的な人物や、その人の業績を説明し、これが日本精神の表れです、普遍的価値ですと説明した方が、皆さんにもわかりやすく、また、日本人としての誇りと偉大さを皆で習っていけると考えるものであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・次項へつづく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 月刊 経営一番へ 

  

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.