トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理


 

  

〜東京スカイツリーと囲い込み戦略化?〜

 先日、一度は行ってみたいスカイツリーを視察する機会をいただいた。北千住からスカイツリー線に乗り、スカイツリー駅(旧業平橋駅)下車、下車してすぐ「東京ソラマチ」が待ち受ける。子供たちにとっては夏休み最後の日曜日も重なり?大変な人込みであった。人酔いしてしまいそうである。
 2時45分、団体集合場所から出て展望シャトル(昇降用エレベーター)へ、フロア350(350m)の展望デッキまで50秒程度、分速600mだそうである。上昇中、気圧の変化でよく耳が聞こえにくくなったりするが、ほとんどない、どういう技術が使用されているのだろうか。早さももちろん、素晴らしいシャトルであった。

 展望デッキ(350m)からその上の展望回廊(フロア450)へ、素晴らしい眺望である。天気も上々、東京の町まちが良く見える。池袋、新宿、お台場、ディズニーランドなど。
 今回は時間の都合で、夕日、夜景が見られなかったので、次回はスカイレストラン634で食事をしながら夜景を楽しみたいと思った。きっと圧巻であろう。
合計約4時間のスカイツリー(東京ソラマチを含む、展望階には約2時間半)滞在であったが、疲労困憊、近隣の商店街など全く散策する気分にはなれない。もちろん案内看板なども目につかなかったが…。スカイツリーだけで完結するようになっているようだ。

 世界に誇る素晴らしい施設が完成したが、「街づくり」の観点からは検討すべき事項が多いように思う。顧客を全部囲い込み、近隣の地域には出られないように感じる。
駅名も然り、変更しなくても良かったのではと思う。“業平にスカイツリーが完成”を強調することで、少なからず街づくりになると思う。地方の温泉街のホテルと同様で、一度ホテル内に入った顧客は外へ出さない、囲い込み・抱え込みをするのと全く同じである。
 
もう少し、近隣地域の歴史・文化を考慮し、既存商店・施設との連携があっても良いと思う。

 月刊 経営一番へ 

  

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.