トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

〈いざという時のために_遺言のすすめ〉
 

〈防災・減災〉

〈アートフラワー〉



月刊 経営一番

〜領土消失〜






編集後記
〜捲土重来、「やり直しはできない」が「見直し・出直しはできる」〜



業績31の原理


 

  

 
〜捲土重来、「やり直しはできない」が
              「見直し・出直しはできる」〜


 捲土重来(けんどじゅうらい)とは「一度敗れたり失敗したりした者が、再び勢いを盛り返して巻き返すこと」という意味であるが、人生を長くやっていると、すべて順風満帆とはいかないものである。特に成功者には、苦い経験、挫折があって、そこから起死回生したドラマがつきものである。この仕事を通じて、様々な経営者の方々とご厚誼を頂いているが、少なからず様々な挫折があって、捲土重来を期し、今日を迎えた方々が多い。
 その方々の中で、45年ほどの企業経営を経験されている方がいる。会社の原点というべき一営業所に特別の思いを持ち続けてこられ、40周年を契機に建設を決意し、自社所有の研修所(兼営業所・宿泊所)をこの2月に落成させた会社経営者がいる。「我社が今日あるのは、この地の方々のおかげ、社員のおかげ」とその地域と働く社員に報いる、個性的で、上品、かつ、充実した機能を持つ建物の落成であった。この建物・施設が会社のシンボルとして、かつ、社会貢献に役立ち、会社の益々のご隆盛を確信している。
 人生「やり直しはできない」が、「見直し・出直しはできる」。様々な学習を糧として、活かし、立て直し、巻き返しできる方々は稀有かも知れないが、心機一転の気持ちの持ち方は大事にしたいものである。
 3月は、人事異動の時季であるが、ある大手建設会社の支社長が、なんと同じ拠点に31年間、その任期を終え、静岡へ転勤された。思い起こすと、新入社員で入社し、数々の実績を上げ、昇進されてきた方である。その間、若干健康を害された時期もあったが、持ち前の明朗闊達なご性格であろうか、見事に回復された。新入社員当時は、夜間、営業活動から帰社後、私が講師を務めた税務研修会シリーズにも眠い目をこすりながら、勉強していただいたことが記憶に残っている。この方はいつも笑顔、「世界一の笑顔」と私は絶賛しているが、いつも前向き、かつ、謙虚、であるからこそ、顧客に恵まれ、部下に恵まれ、実績を上げたことにより、同一拠点に31年間勤務という記録を打ち立てたのであろう。
 この先、静岡においてもきっと大きな実績を上げられると期待している。マーケットは異なっても、その営業姿勢がマーケットを動かすと信じている。是非、心機一転、会社の期待に応えて頑張ってほしい。
 さて、お蔭様で結婚40周年を迎えることができた。これも偏に、前述した方々ほか、様々な方々からのご支援や学びによるものと感謝している。
 人生「やり直しはできない」が、「見直し・出直しはできる」。こんな心構えで、謙虚に、楽しく、社会のお役に立てるように、歳を重ねて参ります。

 月刊 経営一番へ 

  

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.