トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

〈No show〉
 

〈融資担当者の判断〉





月刊 経営一番

〜「世間の学校」で読む力、問う力を付けましょう〜






編集後記
〜 老舗のこだわりと先見性 〜



業績31の原理



 

〜老舗のこだわりと先見性〜

 100年以上の長寿老舗企業といえども企業存続の保証はない。いやむしろ、存続が難しい時代であるとあらためて認識した。過去の成功体験は全く活きないといえる時代がやってきている。インターネット時代、情報量の増大・販路の変化、社会のニーズが刻々と変化している。老舗が過去の栄光の下に、唯々顧客を待っているような企業は淘汰される。その淘汰されるスピードが速いように感ずる。今般、老舗二社を視察させていただいて、その先見性に大変感銘を受けたので、ご紹介する。

◆ホットマン梶i東京都青梅市長洲5-251)
 創業明治元年。青梅地域が活気あふれていた夜具地メーカー700社の1社。今や、先見性を生かし、高級タオル製造販売を全国約80店舗で販売している。昭和47年には六本木店を開設するなど積極的な経営を行っている。非常に高い吸水性を持つ「1秒タオル」など、商品力が高くかつ企業風土よく、ある大学教授から「日本で一番大切にしたい会社」の一つとして紹介されている。変わらない社是・企業理念は「創造」である。時代のニーズにあわせるが、品質にこだわり、かつ、情報過多・偏りの時代にあって顧客に正しい商品関連情報の提供を心掛けている。

◆小澤酒造梶i青梅市沢井2-770)
 元禄十五年(1702年)創業、三百年以上続く酒蔵。
 奥多摩の名水を生かし、いくつかの酒蔵が栄華を極めた時代があったと想像するが、今や、事実上、小澤酒造活齊ミが奮闘している。豊かな名水が沢となって流れる「沢井」という地名から名付けられた澤乃井ブランドは、地元では、当然有名であるし、千葉県でも良く見かけるブランドである。
 こちらの会社は酒蔵のみならず、澤乃井園(売店、軽食)、「まゝごと屋」他各種飲食店、「櫛かんざし美術館」などの美術館、バーベキュー場「煉瓦堂朱とんぼ」など、地元の人気観光スポットを運営している。
 平日にかかわらず、多数の観光客が、酒蔵見学のみならず、奥多摩の渓流沿いにあるこれらの施設、そして奥多摩の早秋の自然を楽しんでいた。

 この二社ともに、積極的顧客第一主義とでも表現できるでしょうか。先見性と品質へのこだわり。そしてチャレンジ「やってみよう」精神が、生き残るための基本のようだ。

 

 月刊 経営一番へ 

  

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.