トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

商店街の現状と課題
 
 ・円滑化法の廃止後は

 ・S電気店・店主の話
 


ワンポイント
印紙税の軽減措置拡充と
非課税範囲拡大

月刊 経営一番

中高生52万人を蝕む
「スマホ亡国論」

・学校に行けない重症患者

・取り上げると大暴れ
・どこからが依存か
・技術と追いかけっこ
・東アジアは“依存先進国”

編集後記
 〜時泥棒〜



業績31の原理

新年あけましておめでとうございます。  
旧年中は大変お世話になりました。  
本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

過年分の還付申告の提出期限

確定申告は、

一年間に二ヶ所以上からの収入がある者や給与が二千万を越える高額所得者などは、確定申告が義務付けられています。

ところで確定申告の手続きの一つに、給与から源泉徴収された税金や予定納税額が納め過ぎになっている場合に、納め過ぎた部分の金額が返還される「還付申告」制度があります。還付申告には〈五年間〉の猶予期間が設けられており、
例えば平成十四年中の還付については、平成十五年一月一日〜平成二十年十二月三十一日までに申告を行なえば還付金を受けることができます。

また、提出した確定申告に間違いがあることを発見した場合、納め過ぎの税金が還付される「更正の請求」制度も設けられています。更正の請求の場合、請求できる期間は原則として申告期限の〈一年以内〉です。
つまり、平成十三年分の所得税の確定申告については、平成十五年三月十七日(月)まで、個人事業者の消費税及び地方消費税の確定申告については平成十五年三月三十一日(月)までが期限となります。

 

相当地代の引き下げ 省略

編集後記へ


Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.